(廃刊)遊戯王 翻訳の手引き

アクセス解析 フリー検索 登録検索エンジン上位表示SEO対策
 (トータルアクセス(ユニークが10876の段階で設置しました))
    (ユニークアクセス)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Best cards of 2011

元ネタ
Best cards of 2011

2011年にリリースされたカードの中で強力且つ印象的なカードはなんぞや?どうせなら10個くらい選びな!
的な企画みたいですし、それに対する回答も幾つかされているので原文を見ていただきたい。
そして楽しそうなので海外記事の翻訳をしてる自分もコッソリ参加してみる。
ただしルールを意訳して『2011年を語るには欠かせないカード』をば

1.《Tour Guide From the Underworld》
海外先行ですがこれを無くしては今の海外を語れない。
あらゆるアドバンテージを失わずに何かができる、それがランク3エクシーズとなれば強くないわけがない。

2.《Reborn Tengu》
今では天狗植物などにしか見られなくなりましたが、
それでも登場以来幾つもの大会で結果を残してきた実績があり、《Tour Guide From the Underworld》みたいに天使にも採用されたのは事実。

3.《増殖するG》
登場から半年ほど経ってから採用が増えてきた《増殖するG》、今では《Tour Guide From the Underworld》クラスにメイン採用されてますが、
来日して3ヶ月の今でもメイン採用はそんなにないみたいで悲しい。
自分もついソレっぽい捏造記事を書いたりもしました。

4.《ライオウ》
代行天使が流行った瞬間に増えたのがメイン《ライオウ》
それまではサイドには良く見られてたけど、《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》の復活を機に増えたイメージ。
選考理由はサイドからメインに出世

5.《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
出せば王手、《アームズ・エイド》を装備すればチェックメイト。
説明不要かと

6.《ラヴァルバル・チェイン》
色々とありましたが強いことには変わりない。
どちらも含めて『2011年を語るには欠かせない』カード

7.《No.39 希望皇ホープ》
スターターに始まって、デュエリストパックにデュエルターミナル、デュエリストボックス
1年足らずで4度再販される異常なまでの猛プッシュ、
《スターダスト・ドラゴン》もこのぐらい再販されてたら嫌がられてたのか?

8.《王家の生け贄》
制限理由はどう考えても海外のせい。
選考理由は暗黒界に煽りを食らった辺りも含めて

9.《ハリケーン》
それまではガン伏せだった環境は《ハリケーン》と《大嵐》の入れ替えにより、
おっかなびっくりと伏せなければならなくなった。
《リビングデッドの呼び声》を始めとする各種永続トラップの弱体化、それと反比例した《スターダスト・ドラゴン》や《スターライト・ロード》の強化。退場により環境を一新させたカード

10.《エフェクト・ヴェーラー》
今年から召喚・反転召喚・特殊召喚時の優先権による起動型効果の使用ができなくなり、
相対的に強さを増した彼女。
残念ながら海外はまだ《レスキュー・ラビット》たちを止められないわけですが、
エクシーズ素材裁定の時みたいに裁定が統一されることを期待。
選考理由はこちらをどうぞ

以上となります。
  1. 2011/12/11(日) 09:07:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<GS2012と《強欲で謙虚な壺》と《増殖するG》 | ホーム | YCS-Kansas を振り替って>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjstjs.blog67.fc2.com/tb.php/20-a39d91fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。