(廃刊)遊戯王 翻訳の手引き

アクセス解析 フリー検索 登録検索エンジン上位表示SEO対策
 (トータルアクセス(ユニークが10876の段階で設置しました))
    (ユニークアクセス)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GS2012と《強欲で謙虚な壺》と《増殖するG》

これより先の文章は元記事が存在しない捏造された海外記事翻訳風の記事です。

君らはGS2012に《強欲で謙虚な壺》が収録される情報はもう入手したかい?
いやー、ノーレアだったとしても新たに収録されることは素晴らしい、大変に喜ばしいことではあるが
そこで思考を停止してしまってはないかな?
キチンと「その先」を君は見ているかい?
今回はそんなほんの「先の未来環境」を見据えた話をしたいと思う。

GS2012によって《強欲で謙虚な壺》が放出されたらどうなるか、君はキチンと考えたかな?
まず当然のことだが環境に《強欲で謙虚な壺》の使用者が増える。
それを対策するために《ライオウ》がメインから採用されるだろう。
同時収録のネクロバレー・スタダ・スタロから墓守の使用者が増えるかも知れない。

そんな声が聞こえて来そうだが、いやいや、僕が聞きたいのはそうじゃない。
環境なんてのは新カード1つで簡単に変わってしまう、そんなものを読もうとしたって徒労に終わる。
それを君らは幾度となく学んだはずだろ?

いいかな?僕は《強欲で謙虚な壺》がGSに収録される現実からこう考えている。

 「《強欲で謙虚な壺》は制限ないしは準制限にされる」

そんなのは前々から囁かれているって?
HAHAHA、ならば問おう。
制限されたら君はどうする?それに何か対策を投じているかい?

もちろん使わないデッキは数多あるし、デッキから抜けばいいかも知れない。
しかし(日本の)大会で成績を残すデッキの大半が《強欲で謙虚な壺》を2枚から3枚採用しているのは事実だ。
それらが《強欲で謙虚な壺》という強力なドローサポートを失った場合、環境はどうなる?

採用していたデッキは消滅し、採用しなかったデッキの天下が来る?
例えば代行天使が陥落してジャンドやラビットラギアが勝ち上がる未来が見えると言うのかな。
否、そんなはすがない。

《強欲で謙虚な壺》が規制さるたらどうなるか、その答えは簡単だ。
別のカードで補えばいい。

おっと、石を投げないでくれ。別に適当に答えたわけじゃない。
5分だ、5分でいいから説明を聞いて欲しい。

別のカードで補えばといったが、《強欲で謙虚な壺》に匹敵するような手札操作は限られている。
あったとしてもその多くは汎用性に欠ける発動条件が課せられているか禁止または制限カードだ。
しかし、もしも多くのデッキに無理なく採用できてタイミングを選ばず、
相手の動きを抑えながら1枚どころか3枚も4枚もドローできるカードがあったら、誰もがそれを使うのではないだろうか?


つまり私が言いたいのは《増殖するG》の時代が(日本にも)やって来ることだ!
アイツはインフェルニティと《次元の裂け目》を使わないデッキであれば採用可能で、《エフェクト・ヴェーラー》や《朱光の宣告者》、《冥府の使者ゴーズ》みたいな手札誘発カードを採用していれば必須になるはずだ。
さらには《強欲で謙虚な壺》の天敵である《ライオウ》とも共存できるなら採用しない理由はないだろ?
まだ間に合う、今ならまだ入手は容易い。予想が現実になってからでは手遅れだ!
私は《増殖するG》の価値が半年後には今の2倍になると思っている。俺に騙されたと思って騙されろ!

[オマケ]
前の記事で書いたように次環境で勝ち抜くには《ライオウ》《増殖するG》《Tour Guide From the Underworld》を入れるかそれらを対策するべきだと述べた。
私はこの組み合わせをTCGと呼んでいるが、流行るだろうか?

+++++

実際、インゼクターやハンデスゼンマイ対策としてサイド要員に人気になって徐々に値上がってるみたいです。
ただ、それっぽいことを並べただけですので真に受けて大量に買ったりはしないでください。
責任は負いません。ではでは、
  1. 2011/12/16(金) 21:15:28|
  2. 変換リスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<手札交換ではないドロー | ホーム | Best cards of 2011>>

コメント

Gの日版は最近500円→800円→1000円近くへとどんどん値上がりしていますね
私も3枚目を手に入れるか悩むところです
  1. 2012/01/04(水) 03:04:12 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjstjs.blog67.fc2.com/tb.php/21-369ba8aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。