(廃刊)遊戯王 翻訳の手引き

アクセス解析 フリー検索 登録検索エンジン上位表示SEO対策
 (トータルアクセス(ユニークが10876の段階で設置しました))
    (ユニークアクセス)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Traditional Format(2016/02/02 日本環境時点)構築 Kozmo先行ワンキル

調整中だけど、メモ感覚に。

2016年1月末の海外準拠とし、禁止・制限のリストは国内を適用して構築。
ただし、海外先行カードを含んでます。

TF-Kozmo.jpg

《アマゾネスの射手》2
《Kozmo Soartroopers》3
《Dr.フランゲ》1
《寡黙なるサイコプリースト》1
《幽鬼うさぎ》1
《Kozmo Strawman》2
《メンタルマスター》1
《ワン・フォー・ワン》1
《強欲な壺》1
《成金ゴブリン》3
《手札抹殺》1
《テラ・フォーミング》3
《天使の施し》1
《死者蘇生》1
《左腕の代償》1
《無の煉獄》3
《緊急テレポート》3
《マスドライバー》1
《チキンレース》3
《擬似空間》3
《脳開発研究所》3
《ハリケーン》1
#extra1
《旧神ノーデン》1
《メンタルオーバー・デーモン》2
《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》3
《氷結界の龍 ブリューナク》1
《スターダスト・チャージ・ウォリアー》1
《M.X-セイバー インヴォーカー》2

基本的な動きは適当なサイキック族と《メンタルマスター》と《脳開発研究所》を並べ、
《Kozmo Soartroopers》をグルグルと回して《M.X-セイバー インヴォーカー》から《アマゾネスの射手》を出す。
あとは《Kozmo Soartroopers》が無限リリース可能なため、そのまま焼切る。
《脳開発研究所》が引けなくてもデッキを圧縮したのち、運が良ければ《Dr.フランゲ》で引くことができる。
手札コストが一部必要なため、《Kozmo Strawman》がそれを軽減しつつ、手札に来てしまった《Kozmo Soartroopers》を特殊召喚できる。
《左腕の代償》は《緊急テレポート》《脳開発研究所》をサーチできるカード。
《マスドライバー》は予備としていれてみたが正直使いにくい。
いちおう《メンタルオーバー・デーモン》2体使えば無限射出が可能ではある。
刺さらない手札誘発が《スカル・マイスター》ぐらいという脆弱なデッキ。
まだ改良の余地はあるが、ひとまず。
  1. 2016/02/06(土) 09:42:11|
  2. Traditional_Format
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<YCS-Atlanta Round 1 Feature Match Amy Young versus Brandon Rohmer | ホーム | Traditional Format(2016/02/02 日本環境時点)構築 EM龍剣士>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjstjs.blog67.fc2.com/tb.php/422-b292cacd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。