(廃刊)遊戯王 翻訳の手引き

アクセス解析 フリー検索 登録検索エンジン上位表示SEO対策
 (トータルアクセス(ユニークが10876の段階で設置しました))
    (ユニークアクセス)

YCS-Atlanta Round 1 Feature Match Amy Young versus Brandon Rohmer

原文 Round 1 Feature Match: Amy Young versus Brandon Rohmer
ライター Michael Kohanim

Amy Young:【0帝】
Brandon Rohmer:【EM竜剣士】


1戦目
ダイス勝負に勝利したBrandon Rohmerは先行を選択すると、モンスターをセットするだけでターンを終了した。


Amy Youngの手札は《冥帝従騎エイドス》《真帝王領域》《帝王の深怨》《帝王の烈旋》《成金ゴブリン》《進撃の帝王》
手始めに《成金ゴブリン》を発動すると、Brandon Rohmer《ドロール&ロックバード》を発動し、それ以上のドローとサーチを封じ込められてしまう。
引いてきたカードは《天帝アイテール》、まずは《冥帝従騎エイドス》を召喚してその効果で追アドバンス召喚権を得る。
それから《帝王の烈旋》Brandon Rohmerがセットしていた《シャドール・ドラゴン》《冥帝従騎エイドス》をリリースし、《天帝アイテール》をアドバンス召喚!

その召喚時効果でデッキから《真源の帝王》《汎神の帝王》を墓地へと送り、デッキから2体目の《天帝アイテール》を特殊召喚。
2体の《天帝アイテール》でダイレクトアタックをした後、《真帝王領域》《進撃の帝王》を続けざまに発動。
エンドフェイズに《天帝アイテール》1体が手札に戻り、ターンエンド
Brandon Rohmer:8000→9000→6200→3400


Brandon Rohmerは次のドローを確認し、《天帝アイテール》《進撃の帝王》《真帝王領域》という布陣を前にサレンダー。
Amy Young 1-0 Brandon Rohmer


2戦目
Brandon Rohmer《EMドクロバット・ジョーカー》を召喚し、《EMペンデュラム・マジシャン》を手札に加える。
《EMペンデュラム・マジシャン》(2)《竜剣士ラスターP》(5)とセットすると、《竜剣士ラスターP》(5)の効果で《EMペンデュラム・マジシャン》(2)を破壊し、2枚目の《EMペンデュラム・マジシャン》(2)を手札に加える。
続けて《EMペンデュラム・マジシャン》(2)をセットすると、手札の《終末の騎士》とエクストラデッキの《EMペンデュラム・マジシャン》をペンデュラム召喚!

そのそれぞれの召喚時効果が誘発し、まずは《EMペンデュラム・マジシャン》がペンデュラムゾーンの2枚を破壊して《EMギタートル》《EMモンキーボード》を手札に。
続けて《終末の騎士》の効果で《BF-精鋭のゼピュロス》を墓地へと送り込む。

《EMギタートル》(6)《EMモンキーボード》(1)と続けてセットすると、《EMギタートル》の効果で1枚ドロー。
《EMモンキーボード》(1)の効果で《EMドクロバット・ジョーカー》を手札に加えると、《EMモンキーボード》(1)を手札に戻して《BF-精鋭のゼピュロス》を墓地から特殊召喚。
《BF-精鋭のゼピュロス》《終末の騎士》《深淵に潜む者》をエクシーズ召喚し、ターンエンド
Brandon Rohmer:8000→7600


Amy Youngの手札は《天帝従騎イデア》《天帝アイテール》《汎神の帝王》《帝王の烈旋》《禁じられた聖杯》《増殖するG》
まずは《帝王の烈旋》を捨てて《汎神の帝王》を発動すると、Brandon Rohmer《深淵に潜む者》の効果で墓地利用を封じようとしてきた。
Amy Young《禁じられた聖杯》でその効果を無効化しつつ、《ツインツイスター》《サイクロン》をドロー。
《天帝従騎イデア》を召喚し、その効果でデッキから《冥帝従騎エイドス》をリクルート。

墓地の《汎神の帝王》を除外し、デッキから探してきた3枚の《真帝王領域》から1枚を手札に加える。
《真帝王領域》を発動し、その効果で手札の《天帝アイテール》のレベルを二つ下げると、《冥帝従騎エイドス》の効果で追アドバンス召喚権を得る。
そして《天帝従騎イデア》をリリースして《天帝アイテール》をアドバンス召喚!

《天帝アイテール》の召喚時効果でデッキから《汎神の帝王》《真源の帝王》を墓地に送って2体目の《天帝アイテール》を特殊召喚。
リリースされた《天帝従騎イデア》の効果で除外されていた《汎神の帝王》を手札に加えると、バトルフェイズへ移行する。

《天帝アイテール》2体で《深淵に潜む者》《EMドクロバット・ジョーカー》を戦闘破壊する。
メインフェイズ2に墓地の《帝王の烈旋》を除外して《真源の帝王》1000/2400のモンスターとして墓地から特殊召喚すると、《サイクロン》《ツインツイスター》を伏せてターンエンド。
エンドフェイズに特殊召喚された《天帝アイテール》が手札へと戻る。
Brandon Rohmer:7600→6900→5900→5100


Brandon Rohmer《サンダー・ボルト》Amy Youngのモンスターを一掃すると、《EMモンキーボード》(1)をセットし、《EMギタートル》(6)の効果を誘発させる。
しかしAmy Young Chainedが《汎神の帝王》を捨てて《ツインツイスター》を発動し、《EMモンキーボード》(1)《EMギタートル》(6)を破壊されてしまう。

ならばと《おろかな埋葬》《シャドール・ドラゴン》を墓地に送り込むと、《サイクロン》を破壊する。
それから《EMドクロバット・ジョーカー》を召喚し、《EMモンキーボード》を手札に加える。
《EMモンキーボード》(4)をセットして効果を発動し、その効果で手札に加えた《EMリザードロー》(6)をセットしたところでAmy Young《増殖するG》で展開を牽制する。

《EMドクロバット・ジョーカー》《竜剣士ラスターP》《EMペンデュラム・マジシャン》をペンデュラム召喚すると、予め場に居た《EMドクロバット・ジョーカー》《EMペンデュラム・マジシャン》達のダイレクトアタックでAmy Youngのライフは0となった。
Amy Young:8000→6500→5000→3200→1400→-450
Amy Young 1-1 Brandon Rohmer


3戦目
先行を選択したAmy Youngの手札は《トゥルース・リインフォース》《真源の帝王》《神の忠告》《冥帝従騎エイドス》《爆炎帝テスタロス》
《トゥルース・リインフォース》《神の忠告》をセットしてターンエンド


Brandon Rohmer《竜呼相打つ》を発動し、公開された《竜剣士ラスターP》《竜魔王ベクターP》から《竜魔王ベクターP》(3)がペンデュラムゾーンへ、《竜剣士ラスターP》がエクストラデッキへと送られる。
《EMドクロバット・ジョーカー》を召喚して《EMギタートル》を手札に加え、《EMギタートル》(6)をセット。

続けて《EMモンキーボード》(1)をセットすると、《EMギタートル》(6)の効果で1枚ドロー。
さらに《EMモンキーボード》の効果で《EMペンデュラム・マジシャン》を手札に加えるt、エクストラデッキの《竜剣士ラスターP》と手札の《EMペンデュラム・マジシャン》をペンデュラム召喚。

そして《EMペンデュラム・マジシャン》の召喚時効果で《EMモンキーボード》(1)を破壊して、新たな《EMモンキーボード》を手札に加える。
《EMペンデュラム・マジシャン》《EMドクロバット・ジョーカー》《Emトラピーズ・マジシャン》をエクシーズ召喚すると、Amy Young《トゥルース・リインフォース》を発動して《天帝従騎イデア》をリクルートする。
そしてその召喚時効果で《冥帝従騎エイドス》をデッキから特殊召喚する。

Brandon Rohmer《Emトラピーズ・マジシャン》の効果で《竜剣士ラスターP》に2回攻撃能力を付与すると、《サンダー・ボルト》を発動!
Amy Young《神の忠告》でそれを無効化するが、3000のライフコストは決して安くはない。

《竜剣士ラスターP》《天帝従騎イデア》《冥帝従騎エイドス》を攻撃し、《Emトラピーズ・マジシャン》《竜魔王ベクターP》でダイレクトアタック!
バトルフェイズの終了時に《竜剣士ラスターP》が自壊し、Brandon Rohmerはターンを終了する。
Amy Young:8000→5000→2500→650


Amy Youngのドローは都合3枚目となる《冥帝従騎エイドス》で、《天帝従騎イデア》のリクルート先も尽きてしまい、降参する他なかった。
Amy Young 1-2 Brandon Rohmer

※1
Rohmer dropped down to 4300 Life Points.
原文では残りライフ4300となっている。
  1. 2016/02/09(火) 09:31:13|
  2. 記事翻訳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<置換リスト(MultiReplace)最終更新 2016/02/10 | ホーム | Traditional Format(2016/02/02 日本環境時点)構築 Kozmo先行ワンキル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjstjs.blog67.fc2.com/tb.php/423-e5cba85b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)