(廃刊)遊戯王 翻訳の手引き

アクセス解析 フリー検索 登録検索エンジン上位表示SEO対策
 (トータルアクセス(ユニークが10876の段階で設置しました))
    (ユニークアクセス)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

YCS-Atlanta Round 3 Feature Match Jake Valliere versus Tyler Hicks

原文 Round 3 Feature Match Jake Valliere versus Tyler Hicks
ライター Joe Frankino

Jake Valliere:【EMEm竜剣士】
Tyler Hicks;【EMEm竜剣士】】


1戦目
Tyler Hicksは《EMモンキーボード》(4)をセットして《EMドクロバット・ジョーカー》を手札に加えるが、Jake Valliereの発動した《ドロール&ロックバード》によってそれ以上のドロー・サーチが封じられてしまう。
ならばと《EMリザードロー》(6)をセットし、《Emハットトリッカー》《竜剣士マスターP》をペンデュラム召喚。
そして《フレシアの蟲惑魔》を守備表示でエクシーズ召喚してターンエンド


Jake Valliereの手札は《EMドクロバット・ジョーカー》《EMモンキーボード》《EMリザードロー》《Emハットトリッカー》《竜魔王ベクターP》
《EMドクロバット・ジョーカー》を召喚して《EMギタートル》を手札に加えると、特殊召喚した《Emハットトリッカー》と合わせて《鳥銃士カステル》をエクシーズ召喚。
Tyler Hicksが《フレシアの蟲惑魔》の効果を発動し、デッキから《奈落の落とし穴》を発動することで《鳥銃士カステル》を除外する。

《EMギタートル》(6)《EMモンキーボード》(1)と続けてセットすることで、《EMギタートル》(6)の効果で1枚ドロー。
《EMモンキーボード》(1)の効果で《EMペンデュラム・マジシャン》を手札に加えると、《竜剣士マスターP》《竜魔王ベクターP》《EMペンデュラム・マジシャン》《EMリザードロー》をペンデュラム召喚!

《EMペンデュラム・マジシャン》の効果で《EMギタートル》(6)《EMモンキーボード》(1)を破壊して《EMドクロバット・ジョーカー》《EMモンキーボード》を手札に加える。
《竜魔王ベクターP》《竜剣士マスターP》で《星守の騎士 プトレマイオス》をエクシーズ召喚し、エンドフェイズにその効果で《星輝士 セイクリッド・ダイヤ》をエクシーズ素材にしてターンエンド。


Tyler Hicksも《EMドクロバット・ジョーカー》を召喚してみるが、Jake Valliereが《星守の騎士 プトレマイオス》の効果を発動して《アーティファクト-デュランダル》へとランクアップ。
《EMドクロバット・ジョーカー》がデッキから《EMモンキーボード》を手札にもたらすが、直後Jake Valliereの《アーティファクト-デュランダル》が効果を発動。
さらに《EMドクロバット・ジョーカー》のサーチ効果に対して《ドロール&ロックバード》をチェーンして発動!

これにより、まず《ドロール&ロックバード》の効果によってお互いがドロー及びサーチが行えなくなり、そして《アーティファクト-デュランダル》によってお互いの手札が全てデッキに戻され、しかしドローはできない。

Tyler Hicksは《EMドクロバット・ジョーカー》で《EMペンデュラム・マジシャン》を攻撃する以外何もできず、ターンエンド
Jake Valliere:8000→7700


Jake Valliereのドローは《Emダメージ・ジャグラー》
《アーティファクト-デュランダル》で《EMドクロバット・ジョーカー》を攻撃し、ターンエンド
Tyler Hicks:8000→7400


Tyler Hicksの手札は1枚、場には《フレシアの蟲惑魔》と《EMリザードロー》(6)《EMモンキーボード》(1)
まずは《EMリザードロー》(6)の効果を発動し、自壊させて1枚ドロー。
《EMドクロバット・ジョーカー》を召喚して《EMギタートル》を手札に加えると、そのままスケール(6)としてセットする。

そしてエクストラデッキから《EMドクロバット・ジョーカー》をペンデュラム召喚すると、2体で《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》をエクシーズ召喚!

その効果で《アーティファクト-デュランダル》の攻撃力を吸収し、そして《アーティファクト-デュランダル》へと攻撃。
しかしその戦闘ダメージは《Emダメージ・ジャグラー》に吸収されてしまい、ターンエンド

Jake Valliereのドローは《ダーク・ドリアード》
墓地の《Emダメージ・ジャグラー》を除外して《Emヒグルミ》を手札に加えると、《竜剣士ラスターP》(5)《Emヒグルミ》(5)とセットし、《竜剣士ラスターP》(5)の効果を発動。
これによりデッキから《Emヒグルミ》を1枚サーチ、それから《Emダメージ・ジャグラー》を特殊召喚する。
それに対してTyler Hicksが《フレシアの蟲惑魔》を発動し、《時空の落とし穴》を発動してみるが、《時空の落とし穴》は「手札・エクストラデッキから」の特殊召喚にのみ対応しているため巻き戻し。
Jake Valliereは《Emヒグルミ》をセットしてターンエンド


Tyler Hicksは《EMリザードロー》を召喚してターンエンド。
※1


Jake Valliereは《竜呼相打つ》を発動!
しかしTyler Hicksは《神の警告》でそれを無効にして破壊する。
ならばと《ダーク・ドリアード》(5)をセットし、《竜剣士ラスターP》(5)の効果で破壊する。
デッキから2枚目の《ダーク・ドリアード》を手札に加えるとそのまま召喚し、しかし効果は使わずに反転召喚した《Emヒグルミ》と合わせて《恐牙狼 ダイヤウルフ》をエクシーズ召喚。
その効果に対してTyler Hicksは《ブレイクスルー・スキル》を発動して破壊を防ぐが、《恐牙狼 ダイヤウルフ》の攻撃によって《EMリザードロー》は戦闘破壊されてしまう。

メインフェイズ2にJake Valliereは墓地の《Emダメージ・ジャグラー》を除外して《Emミラー・コンダクター》を手札に加えると、スケール(3)としてセット。
それから《EMペンデュラム・マジシャン》《Emヒグルミ》をペンデュラム召喚!
《EMペンデュラム・マジシャン》の召喚時効果で《竜剣士ラスターP》(5)と《Emヒグルミ》を狙うが、これには当然《フレシアの蟲惑魔》の効果で《時空の落とし穴》を発動される。
《EMペンデュラム・マジシャン》《Emヒグルミ》はデッキに戻されてしまうが、
※2
《EMペンデュラム・マジシャン》の効果で《EMドクロバット・ジョーカー》《EMリザードロー》を手札に加え、破壊した《Emヒグルミ》の効果でデッキから《Emダメージ・ジャグラー》を特殊召喚し、ターンエンド
Tyler Hicks:7400→5400→4600→2600


Tyler Hicksは《EMペンデュラム・マジシャン》《EMリザードロー》をペンデュラム召喚し、《EMペンデュラム・マジシャン》の効果で《EMモンキーボード》(1)と《EMリザードロー》を破壊、そして《EMリザードロー》《EMモンキーボード》を手札に加える。
《EMリザードロー》(6)をセットして効果を発動し、1枚ドロー。

《簡易融合》で《旧神ノーデン》を融合召喚し、《Emハットトリッカー》を墓地から釣り上げ、《Emハットトリッカー》《EMペンデュラム・マジシャン》で《Emトラピーズ・マジシャン》をエクシーズ召喚。
通常召喚した《Emヒグルミ》と《旧神ノーデン》で《鳥銃士カステル》をエクシーズ召喚したところで、Jake Valliereは負けを認めた。
Jake Valliere 0-1 Tyler Hicks


2戦目
Jake Valliereは《EMドクロバット・ジョーカー》を召喚して手札に加えた《EMモンキーボード》(4)をセットし、その効果で《EMリザードロー》を手札に加える。
それから《EMリザードロー》(6)をセットすると、《竜剣士マスターP》《EMドクロバット・ジョーカー》をペンデュラム召喚。
2体で《星守の騎士 プトレマイオス》を、さらに手札から《Emハットトリッカー》も追加して2体目の《星守の騎士 プトレマイオス》をエクシーズ召喚!
そして2体ともエンドフェイズに《星輝士 セイクリッド・ダイヤ》を吸収し、ターンエンド


Tyler Hicksは《おろかな埋葬》で《Emダメージ・ジャグラー》を墓地に送り、それを除外して効果を発動。
それに対応してJake Valliereが《星守の騎士 プトレマイオス》の効果を発動し、《アーティファクト-デュランダル》へとランクアップ。
その後、Tyler Hicksが《Emハットトリッカー》を手札に加えたところでJake Valliereは《アーティファクト-デュランダル》の効果を発動。
さらに《ドロール&ロックバード》の効果を発動させたところでTyler Hicksが《ツインツイスター》を発動し、《Emトリック・クラウン》を捨てて《EMモンキーボード》(1)《EMリザードロー》(6)を破壊する。

その後、お互いの手札がデッキへと戻され、Tyler Hicksはライフ1000を支払って《Emトリック・クラウン》を墓地から釣り上げる。
そのエンドフェイズ、Jake Valliereは2体目の《星守の騎士 プトレマイオス》が《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》へと姿を変えた。
Tyler Hicks:8000→7000


Jake Valliereのドローは《竜呼相打つ》
まずは《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》を《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》へと改造、それから《竜呼相打つ》を発動!
《竜剣士ラスターP》が特殊召喚され、《竜魔王ベクターP》がエクストラデッキへと送られる。

《竜剣士ラスターP》で《Emトリック・クラウン》を攻撃、蘇った《Emトリック・クラウン》を《アーティファクト-デュランダル》で追撃し、《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》でダイレクトアタック。
※3
Tyler Hicks:7000→6000→3500


Tyler Hicksのドローは《竜剣士マスターP》であったが、何の助けにもならなかった。
Jake Valliere 1-1 Tyler Hicks


3戦目
Tyler Hicksは《おろかな埋葬》で《Emダメージ・ジャグラー》を墓地へと送り、それを除外して《Emハットトリッカー》をサーチ。
《EMドクロバット・ジョーカー》を召喚して《EMモンキーボード》を手札に加えた。

《EMモンキーボード》(4)をセットして、その効果で《EMリザードロー》を手札に加え、そのままスケール(6)としたところでJake Valliereが《増殖するG》の効果を発動。
Tyler Hicksは《EMリザードロー》(6)の効果で1枚カードを引き、それから2枚セットしてターンエンド


Jake Valliereは《EMギタートル》を捨てて《ツインツイスター》を発動し、セットされていた《揺れる眼差し》《昇天の剛角笛》を破壊する。
それから2枚目の《EMギタートル》(6)《EMモンキーボード》(1)とセットし、《EMギタートル》の効果で1枚ドロー。
《EMモンキーボード》で手札に加えた《EMドクロバット・ジョーカー》を召喚し、《EMペンデュラム・マジシャン》を手札に加える。

それから《EMドクロバット・ジョーカー》同士をぶつけ、ターンエンド


Tyler Hicksはモンスターをセット、それから1枚伏せてターンエンド


Jake Valliereは《EMペンデュラム・マジシャン》《Emヒグルミ》をペンデュラム召喚するも、Tyler Hicksが《神の警告》でそれを無効化する。
ならばと《竜剣士マスターP》を召喚し、セットされていた《グローアップ・バルブ》を攻撃してターンエンド
Tyler Hicks:8000→6000


Tyler Hicksは《EMモンキーボード》(1)を発動し、デッキから《EMドクロバット・ジョーカー》を手札に加え、そのまま召喚。
召喚時効果で《EMギタートル》を手札に加えると、デッキトップから《EMペンデュラム・マジシャン》を墓地に送って《グローアップ・バルブ》を特殊召喚。

手札から《Emハットトリッカー》を特殊召喚すると、3体で《氷結界の龍 トリシューラ》をシンクロ召喚し、手札の《ダーク・ドリアード》と《EMギタートル》(6)と墓地の《Emヒグルミ》を除外する。
ここでタイムアップのアナウンスが流れる。
《氷結界の龍 トリシューラ》で《竜剣士マスターP》を攻撃し、ターンエンド
Jake Valliere:8000→7250

EXT:1
Jake Valliereも《EMモンキーボード》(1)をセットすることでお互いのペンデュラムゾーンが《EMモンキーボード》で埋まる。
※4
その効果で手札に加えた《EMドクロバット・ジョーカー》を召喚し、《EMペンデュラム・マジシャン》を手札に加える。

EXT:2
Tyler Hicksは《Emトリック・クラウン》を召喚し、《氷結界の龍 トリシューラ》で《EMドクロバット・ジョーカー》を攻撃。
それから《Emトリック・クラウン》でダイレクトアタックをし、ターンエンド。
Jake Valliere:7250→6350→4750

EXT:3
Jake Valliereは《EMドクロバット・ジョーカー》をドロー。
召喚して《EMペンデュラム・マジシャン》を手札に加え、《Emトリック・クラウン》を攻撃
《Emトリック・クラウン》が自身の効果で蘇り、してターンエンド
Tyler Hicks:6000→5800→4800


Tyler Hicksは《竜剣士ラスターP》を召喚。
《氷結界の龍 トリシューラ》で《EMドクロバット・ジョーカー》を、それから《竜剣士ラスターP》でダイレクトアタックを決め、ライフを逆転した。
そしてターンエンドを宣言し、エキストラターンに勝利した!
Jake Valliere:4750→3850→2000
Jake Valliere 1-2 Tyler Hicks

マッチ後、Jake Valliereは2枚目の《EMギタートル》を引けていれば、《ダーク・ドリアード》を召喚し、デッキトップに《ドロール&ロックバード》を仕込み、《EMリザードロー》や《EMギタートル》で手札に加える。
そして《星守の騎士 プトレマイオス》で《アーティファクト-デュランダル》を作ることができた、と教えてくれた。



※1
Hicks drew, Normal Summoned Performapal Lizardraw and attacked with all monsters to clear Valliere’s field.
次のターン、セットされていた《Emヒグルミ》がいることから攻撃は行われてない模様。

※2
Sorcerer activated, targeting Luster Pendulum, the Dracoslayer and Plushfire, Rafflesia chained sending Time-Space Trap Hole.
The chain resolved, sending back both monsters and Valliere searching for Performapal Skullcrobat Joker and Performapal Lizardraw with Sorcerer’s effect.
辻褄を合せようとしたが無理のため、原文をそのまま翻訳。

※3
Valliere attacked into Performage Hat Tricker, which Summoned itself back after Hicks took 1000 damage.
Durendal attacked to clear out the Performage Hat Tricker and Valliere passed with Cyber Dragon Infinity putting as much of a lock as one could on this game.
《Emトリック・クラウン》が《Emハットトリッカー》になっている


※4
《EMモンキーボード》(1)が4枚セットされている写真が貼られている。
Both players now had Performapal Monkeyboard’s in all of their Pendulum Zones, a rare sight indeed.
  1. 2016/02/13(土) 09:32:10|
  2. 記事翻訳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<YCS-Atlanta Round 4 Feature Match Craig Burnett versus Jake Kuenzi | ホーム | YCS-Atlanta 2016 デッキリスト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjstjs.blog67.fc2.com/tb.php/428-7134aad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。