(廃刊)遊戯王 翻訳の手引き

アクセス解析 フリー検索 登録検索エンジン上位表示SEO対策
 (トータルアクセス(ユニークが10876の段階で設置しました))
    (ユニークアクセス)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

翻訳記事-YCS San Diego-Round 7 Feature Match

原文 Round 7 Feature Match: Anthony Eckroth vs. Estevan Munoz
ライター Tyler Berger

1戦目
Anthony Eckrothは《ナチュル・ストロベリー》を召喚、それから3枚セットしてターンエンド

Estevan Munozの手札は《魔轟神アシェンヴェイル》《早すぎた埋葬》《極星獣タングリスニ》《人造人間-サイコ・ショッカー》《ビッグ・シールド・ガードナー》《ドッペルゲンガー》
《ドッペルゲンガー》をセットするだけでターンエンド

Anthony Eckroth「《ドッペルゲンガー》だったらどうすっかな(“Am I gonna get 《ドッペルゲンガー》?”)」
などと言いながら攻撃すると、それは予想通りに《ドッペルゲンガー》で《神の宣告》《反転世界》を破壊されてしまう
モンスターをセットしてターンエンド

Estevan Munozのドローは《デモンズ・チェーン》
《極星獣タングリスニ》《デモンズ・チェーン》をセットしてターンを終了するが、エンドフェイズに《砂塵の大竜巻》に《デモンズ・チェーン》は破壊されてしまう。

Anthony Eckrothは《ナチュル・ストロベリー》で《極星獣タングリスニ》を攻撃、《極星獣トークン》が2匹現れる。


Estevan Munozのドローは《シールドクラッシュ》
早速発動し《グレイブ・キーパー》を破壊する。
それから《極星獣トークン》の片方をリリースして《人造人間-サイコ・ショッカー》をアドバンス召喚
《ナチュル・ストロベリー》を攻撃してターンエンド
Anthony Eckroth8000→7800

Anthony Eckrothは《お注射天使リリー》を召喚して《人造人間-サイコ・ショッカー》を攻撃!
Anthony Eckroth7800→5800
Estevan Munoz8000→7000

Estevan Munozのドローは《パワー・フレーム》
《パワー・フレーム》《ビッグ・シールド・ガードナー》を伏せてターンエンド

Anthony Eckrothは《カードガード》を召喚し、ガードカウンターを《お注射天使リリー》に移動させる。
それから《お注射天使リリー》が《極星獣トークン》を破壊。
それから《カードガード》でセットモンスターを攻撃するも、《ビッグ・シールド・ガードナー》の守備は堅い。
Anthony Eckroth5800→4800

Estevan Munozのドローは《暗黒の狂犬》
《暗黒の狂犬》を召喚して《カードガード》を攻撃し、ターンエンド
Anthony Eckroth4800→4500

Anthony Eckrothは《カードガンナー》を召喚し、デッキから《魔宮の賄賂》《冥界の魔王ハ・デス》《死者への手向け》を墓地に送り込む。
《カードガンナー》が《暗黒の狂犬》と相打ちつつ、1枚ドロー
メインフェイズ2に1枚セットしてターンエンド

Estevan Munozはドローした《拷問車輪》を伏せるだけでターンエンド

Anthony Eckrothは2枚目の《カードガード》を召喚!
そして2つ目のガードカウンターを《お注射天使リリー》へと移し、《カードガード》で《ビッグ・シールド・ガードナー》をつつく。
そして《お注射天使リリー》が追撃を行うが、それは《拷問車輪》によって止められてしまった。
Anthony Eckroth4500→3500

Estevan Munozのドローは《聖なる守り手》
《聖なる守り手》をセットしてターンエンド
Anthony Eckroth3500→3000

Anthony Eckrothは《ブルーサンダーT45》を召喚
《聖なる守り手》を破壊するも、. そのリバース効果で《ブルーサンダーT45》をデッキトップに、さらに戦士族である《ビッグ・シールド・ガードナー》が隣にいるため《お注射天使リリー》も手札にもどされてしまう。
しかし《ブルーサンダーT45》の効果は有効であり、《サンダーオプショントークン》を守備表示で特殊召喚する

Estevan Munozのドローは《スノーマンイーター》、セットしてターンエンド

Anthony Eckrothは《ブルーサンダーT45》を再び召喚
セットモンスターへ攻撃するがソレは《スノーマンイーター》、しかしその効果は《禁じられた聖杯》で封じてターンエンド
Anthony Eckroth3000→2800

Estevan Munozのドローは《THE トリッキー》
《スノーマンイーター》をリリースして《THE トリッキー》をアドバンス召喚!
《ブルーサンダーT45》を攻撃してターンエンド
Anthony Eckroth2800→2500

Anthony Eckrothは《お注射天使リリー》をコストに《死者への手向け》を発動し、《THE トリッキー》を破壊する
《スノーマンイーター》をセットしてターンエンド

Estevan Munozのドローは《禁じられた聖槍》
《魔轟神アシェンヴェイル》を召喚し、《サンダーオプショントークン》を攻撃
《禁じられた聖槍》を伏せてターンエンド

Anthony Eckrothは《ゼンマイソルジャー》を召喚
その効果で攻撃力を2200まで上げて《魔轟神アシェンヴェイル》に攻撃するが、《禁じられた聖槍》によって迎撃されてしまう
Anthony Eckroth2500→2300

Estevan Munozのドローは《強制脱出装置》
そのままセットしてターンエンド

Anthony Eckrothは何もせずにターンエンド

Estevan Munozのドローは《深淵の暗殺者》
セットしてターンエンド

Anthony Eckrothは《スノーマンイーター》を反転召喚し、その(疑似)リバース効果で《魔轟神アシェンヴェイル》を破壊する。
《デーモン・ソルジャー》を召喚してセットモンスターへ攻撃するも、《深淵の暗殺者》の効果によってお互いに破壊されてしまう。

Estevan Munozのドローは《鎖付きブーメラン》
《早すぎた埋葬》で《人造人間-サイコ・ショッカー》をフィールドへ戻すも、Anthony Eckrothは《月の書》でセット状態にする。
《鎖付きブーメラン》をセットしてターンエンド

Anthony Eckrothは《強欲で謙虚な壺》を発動!
《D.D.アサイラント》《自由解放》《闇の呪縛》の中から《闇の呪縛》を手札に加える。
《スノーマンイーター》を守備表示にし、《カードガード》が《人造人間-サイコ・ショッカー》を攻撃、
しかしEstevan Munozは《強制脱出装置》で《人造人間-サイコ・ショッカー》を守る。
メインフェイズ2に何かを召喚して《ジェムナイト・パール》をエクシーズ召喚!
(《カードガード》以外にレベル4モンスターはおらず、さらに《強欲で謙虚な壺》で特殊召喚ができないため不思議なターンとなっている。

Estevan Munozのドローは《魔装機関車 デコイチ》、セットしてターンエンド

Anthony Eckrothは《ジェムナイト・パール》でセットモンスターを破壊し、Estevan Munozは《魔装機関車 デコイチ》の効果で《古代の機械騎士》をドロー
メインフェイズ2に《D.D.アサイラント》をセットしてターンエンド

Estevan Munozのドローは《スケープ・ゴート》
《古代の機械騎士》を召喚してターンエンド

Anthony Eckrothのターン、デッキを確認すると既に残り5枚
Anthony Eckroth「大変危険な行為とは分かっているが……(“I'll risk it,”)」
そんなことを言いながらも《強欲な壺》を発動!
《スノーマンイーター》をリリースして《人造人間-サイコ・ショッカー》をアドバンス召喚。
《D.D.アサイラント》を反転召喚すると、《人造人間-サイコ・ショッカー》で《古代の機械騎士》を攻撃
それから《ジェムナイト・パール》が《ビッグ・シールド・ガードナー》を突いて、《D.D.アサイラント》がそれをついに破壊する!
Estevan Munoz7000→6400→4700

Estevan Munozのドローは《リビングデッドの呼び声》
《リビングデッドの呼び声》《スケープ・ゴート》を伏せてターンエンド

Anthony Eckrothのモンスター3体のダイレクトアタックは《スケープ・ゴート》による羊を残り1頭まで減らすにとどまり、ターンエンド

Estevan Munozは《サイバー・ヴァリー》を召喚、対戦相手のデッキは残り2枚のためこのままやり過ごせば勝てる。

しかしだAnthony Eckrothは《おとり人形》を発動して《パワー・フレーム》を破壊し、《おとり人形》と伏せカードがある限りそれはデッキに戻りデッキは回復し続ける。
まずは羊を、それから《サイバー・ヴァリー》を攻撃してバトルフェイズを終了させる。Estevan Munozは《サイバー・ヴァリー》の効果で《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》をドロー。
メインフェイズ2にモンスターをセットしてターンエンド

Estevan Munozのドローは《風帝ライザー》、しかし《人造人間-サイコ・ショッカー》をどうすることもできず、降参を受け入れた
Estevan Munoz 0-1

2戦目
Estevan Munozの手札は《リビングデッドの呼び声》《禁じられた聖槍》《暗黒の狂犬》《地割れ》《風帝ライザー》《シールドクラッシュ》
《暗黒の狂犬》を召喚、《リビングデッドの呼び声》を伏せてターンエンド

Anthony Eckrothは《カードガンナー》を召喚、その効果の為にデッキから1枚ずつ墓地に送る。

《神の宣告》…

“No!”

《冥府の使者ゴーズ》…

“NO!”

and 《カードガード》!

“No…”

Ouch.


強力なカードの支援を受けた《カードガンナー》が《暗黒の狂犬》と相打ち、手札を 1枚もたらす。
メインフェイズ2に1枚セットしてターンエンド

Estevan Munozのドローは《ドッペルゲンガー》
《リビングデッドの呼び声》を発動するが、《砂塵の大竜巻》によって妨害されてしまう
《ドッペルゲンガー》をセットしてターンエンド

Anthony Eckrothは《ナチュル・ストロベリー》を召喚してセットモンスターへ攻撃!
《ドッペルゲンガー》が破壊すべきカードは1枚しかないため、再び不発に終わる。
メインフェイズ2に1枚セットしてターンエンド

Estevan Munozのドローは《魔轟神アシェンヴェイル》
《地割れ》で《ナチュル・ストロベリー》を破壊して、《魔轟神アシェンヴェイル》でダイレクトアタックをしてターンエンド
Anthony Eckroth8000→6400

Anthony Eckrothは《D.D.アサイラント》を召喚
《魔轟神アシェンヴェイル》に攻撃を仕掛けるが、Estevan Munozは手札から《シールドクラッシュ》を捨てて《魔轟神アシェンヴェイル》の攻撃力をあげる!
《D.D.アサイラント》は破壊されながらも、《魔轟神アシェンヴェイル》を除外する
Anthony Eckroth6400→5900

Estevan Munozのドローは《極星獣タングリスニ》、召喚してダイレクトアタックでターンエンド
Anthony Eckroth5900→4700

Anthony Eckrothはモンスターをセット、伏せを2枚にしてターンエンド

Estevan Munozのドローは《拷問車輪》
《極星獣タングリスニ》をリリースして《風帝ライザー》をアドバンス召喚、その効果でAnthony Eckrothのセットモンスターをデッキトップへバウンスする。
それからダイレクトアタックも通り、《拷問車輪》を伏せてターンエンド
Anthony Eckroth4700→2300

Anthony Eckrothはモンスターをセットしてターンエンド

Estevan Munozのドローは《スケープ・ゴート》
それをセットし、《風帝ライザー》が《グレイブ・キーパー》を攻撃してターンエンド

Anthony Eckrothは《おとり人形》を発動してみるが、《スケープ・ゴート》で強制発動できない。
モンスターをセットしてターンエンド

Estevan Munozのドローは《早すぎた埋葬》
《風帝ライザー》がセットされていた《デーモン・ソルジャー》を攻撃してターンエンド
Anthony Eckrothは再びモンスターをセットしてターンエンド

Estevan Munozのドローは《デモンズ・チェーン》
《風帝ライザー》は《甲虫装甲騎士》を攻撃してターンエンド

Anthony Eckrothは《ゼンマイソルジャー》を召喚、それから1枚セットしてターンエンド

Estevan Munozのドローは《ビッグ・シールド・ガードナー》
《デモンズ・チェーン》《早すぎた埋葬》を伏せ、相手の動きを警戒してそのままターンエンド

Anthony Eckrothは《ゼンマイソルジャー》をリリースして《人造人間-サイコ・ショッカー》をアドバンス召喚!
セットモンスターへ攻撃するが、《ビッグ・シールド・ガードナー》の盾は突破できない!
Anthony Eckroth2300→2100

Estevan Munozのドローは《軍神ガープ》
《ビッグ・シールド・ガードナー》をリリースし《軍神ガープ》をアドバンス召喚、さらに《早すぎた埋葬》で《暗黒の狂犬》を特殊召喚。
《風帝ライザー》で《人造人間-サイコ・ショッカー》を攻撃、《禁じられた聖槍》を合わせて《人造人間-サイコ・ショッカー》を一方的に戦闘破壊に成功する。
しかし《人造人間-サイコ・ショッカー》がフィールドから離れたことにより、Anthony Eckrothは《自由解放》を発動!
《軍神ガープ》《暗黒の狂犬》をデッキへと戻されてしまう。。。
Estevan Munoz8000→7200
Anthony Eckroth2100→1300

Anthony Eckrothはモンスターをセット、3枚目のセットをおいてターンエンド

Estevan Munozのドローは《ならず者傭兵部隊》
召喚するとAnthony Eckrothは《禁じられた聖杯》を発動し、その効果を封じる。
しかしEstevan Munozは《スキルドレイン》との無効化範囲を混同してしまい、リリースしてセットモンスターを破壊しようとするが、その効果は無効化される。
それ以上は何もできず、ターンエンド

Anthony Eckrothは《強欲で謙虚な壺》を発動し、《強欲な壺》を手札に加える!
そして発動して増やした手札から《おとり人形》を捨てての《死者への手向け》で《風帝ライザー》を破壊する。
それから《カードガード》でダイレクトアタックをしてみるが、《拷問車輪》によって止められてしまう

Estevan Munozのドローは《パワー・フレーム》
そのままセットしてターンエンド.
Anthony Eckroth1300→800

Anthony Eckrothはモンスターをセットするだけでターンエンド

Estevan Munozのドローは《強欲な壺》!
《強欲な壺》が《リビングデッドの呼び声》《暗黒の狂犬》を手札に呼ぶと、両方を伏せてターンエンド
Anthony Eckroth800→300

Anthony Eckrothは《ダーク・ヒーロー ゾンバイア》を召喚してセットモンスターへ攻撃
それは《デモンズ・チェーン》によって止められてしまうと、
メインフェイズ2に身動きの取れない《カードガード》《ダーク・ヒーロー ゾンバイア》で《ジェムナイト・パール》をエクシーズ召喚をしてターンエンド

Estevan Munozのドローは《魔轟神アシェンヴェイル》
《魔轟神アシェンヴェイル》を召喚するだけでターンエンド


Anthony Eckrothは《スノーマンイーター》を反転して《魔轟神アシェンヴェイル》を破壊、そのままリリースして《冥界の魔王ハ・デス》をアドバンス召喚。
《冥界の魔王ハ・デス》が《暗黒の狂犬》を攻撃
(原文にはないが、《ジェムナイト・パール》でダイレクトアタックをしているはず)
ターンエンド
Estevan Munoz7200→4600

Estevan Munozのドローは《聖なる守り手》
《リビングデッドの呼び声》で《ならず者傭兵部隊》を蘇生しようとするも、Anthony Eckrothは《魔宮の賄賂》を渡してそれを阻止。
Estevan Munozは《人造人間-サイコ・ショッカー》を受け取り、ターンエンド


Anthony Eckrothは《デーモン・ソルジャー》を召喚、それからダイレクトアタックをしてみるが、《スケープ・ゴート》により3度の攻撃を防がれてしまう。

Estevan Munozのドローは《深淵の暗殺者》
セットしてターンエンド

Anthony Eckrothは《お注射天使リリー》を召喚
《お注射天使リリー》が最後の羊を破壊し、《冥界の魔王ハ・デス》の支援を受けた《デーモン・ソルジャー》で《深淵の暗殺者》の対応をし、
《冥界の魔王ハ・デス》《ジェムナイト・パール》によるダイレクトアタックでゲームセット
Estevan Munoz4600→2150→-450
Anthony Eckroth 2-0 Estevan Munoz

訳注:
《拷問車輪》はフィールドに残り続けているため一見すればダメージを受け続けるような感じもするが、「効果を受けているモンスターがエクシーズ素材となった場合、『相手ライフに500ポイントダメージを与える』という効果は適用されません。(12/09/19))」
という裁定が出ている。
これが仮に受け続けていた場合、Anthony Eckrothのライフは0になってた。

2戦目最終ターン、原文は
Eckroth Normal Summoned 《お注射天使リリー》. Lily destroyed the last Sheep Token, Ha Des destroyed 《深淵の暗殺者》, then 《デーモン・ソルジャー》 and Pearl finished the Match!
となっており、《お注射天使リリー》で羊トークン、《冥界の魔王ハ・デス》で《深淵の暗殺者》を破壊したのちに、《デーモン・ソルジャー》《ジェムナイト・パール》のダイレクトアタックとなっているが、
1ターン目から何度検証してもライフが100残ってしまうため、結果に問題のない範囲で攻撃の順番を変更しました。

冥界の魔王ハ・デス
このカードは墓地からの特殊召喚はできない。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分フィールド上に存在する悪魔族モンスターが戦闘で破壊した効果モンスターの効果は無効化される。

誰か検証求む。
  1. 2013/04/13(土) 10:50:56|
  2. 記事翻訳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<翻訳記事-YCS San Diego-Round 8 Feature Match | ホーム | 翻訳記事-YCS San Diego-Round 7>>

コメント

Anthony Eckrothは《スノーマンイーター》を反転して《魔轟神アシェンヴェイル》を破壊、そのままリリースして《冥界の魔王ハ・デス》をアドバンス召喚。
《冥界の魔王ハ・デス》が《暗黒の狂犬》を攻撃
(原文にはないが、《ジェムナイト・パール》でダイレクトアタックをしているはず)
ターンエンド
Estevan Munoz7200→4600
この時の暗黒の狂犬がパワーフレームのために攻撃表示なら問題はないかと
  1. 2013/04/13(土) 13:58:43 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
仮に《パワー・フレーム》を使っても《ジェムナイト・パール》による追撃で破壊されるから、そのせいだろうか。
  1. 2013/04/13(土) 21:22:27 |
  2. URL |
  3. TJS #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjstjs.blog67.fc2.com/tb.php/50-96571ed1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。