(廃刊)遊戯王 翻訳の手引き

アクセス解析 フリー検索 登録検索エンジン上位表示SEO対策
 (トータルアクセス(ユニークが10876の段階で設置しました))
    (ユニークアクセス)

翻訳記事-YCS San Diego-DAY2-Round 1 Constructed

原文 Round 1 Constructed: Joaquin Bigornia Versus Steven Woo
ライター Konami Digital Entertainment

使用デッキ
Steven Woo(兎ラギア)
Joaquin Bigornia(兎ラギア)

1戦目
Steven Wooは《レスキューラビット》を召喚、その効果でデッキから2体の《大くしゃみのカバザウルス》を呼び、そのまま《エヴォルカイザー・ラギア》をエクシーズ召喚!
さらに3枚を伏せてターンエンド

Joaquin Bigorniaの手札は《魔界発現世行きデスガイド》《レスキューラビット》《魂を削る死霊》《激流葬》《デモンズ・チェーン》《ジュラック・グアイバ》
《魂を削る死霊》《激流葬》《デモンズ・チェーン》を伏せてターンエンド
エンドフェイズにSteven Wooが《サイクロン》で《激流葬》を破壊する

Steven Wooは《魔界発現世行きデスガイド》を召喚、Joaquin Bigorniaの《デモンズ・チェーン》は《エヴォルカイザー・ラギア》が破壊する。
Joaquin Bigorniaが《マクロコスモス》を発動したのち、デッキからもう1枚の《魔界発現世行きデスガイド》が着地。
2人の《魔界発現世行きデスガイド》が《虚空海竜リヴァイエール》となり、除外ゾーンから《レスキューラビット》を特殊召喚
そしてその効果で《セイバーザウルス》を2頭特殊召喚すると、《エヴォルカイザー・ドルカ》をエクシーズ召喚。
攻撃は《魂を削る死霊》によって防がれてしまう。
メインフェイズ2に《ソウルテイカー》を《魂を削る死霊》で退かすと、最後の手札もセットしてターンエンド
Joaquin Bigornia8000→9000

Joaquin Bigorniaのドローは《スターライト・ロード》
《レスキューラビット》を召喚して効果を発動してみるが、《エヴォルカイザー・ドルカ》がそれを無効にする。
《スターライト・ロード》をおいてターンエンド

Steven Wooは《虚空海竜リヴァイエール》の効果で《魂を削る死霊》を特殊召喚。
《魂を削る死霊》の攻撃で《ジュラック・グアイバ》が手札から除外される。
さらに《虚空海竜リヴァイエール》《エヴォルカイザー・ドルカ》《エヴォルカイザー・ラギア》のダイレクトアタック
Joaquin Bigornia9000→8700→6900→4600→2200

Joaquin Bigorniaはドローが《奈落の落とし穴》であることを確認すると、素直に降参した

2戦目
Joaquin Bigorniaの手札は《サイクロン》《セイバーザウルス》《大くしゃみのカバザウルス》《フォッシル・ダイナ パキケファロ》、そして《次元幽閉》が2枚
《大くしゃみのカバザウルス》と《サイクロン》、2枚の《次元幽閉》を伏せてターンエンド

Steven Wooもモンスターをセット、3枚伏せてターンを終了すると、エンドフェイズに《奈落の落とし穴》が《サイクロン》で破壊される

Joaquin Bigorniaのドローは《つり天井》、そのまま《セイバーザウルス》と一緒にセットしてターンエンド

Steven Wooは《セイバーザウルス》を召喚して攻撃してみるが、《次元幽閉》されてしまう

Joaquin Bigorniaのドローは《カードカー・D》
召喚して効果を発動、《セイバーザウルス》《魔界発現世行きデスガイド》を引いてターンエンド

Steven Wooは《大くしゃみのカバザウルス》を召喚して攻撃するも、再び《次元幽閉》されてしまう。

Joaquin Bigorniaのドローは《奈落の落とし穴》
それをセットしてターンエンド

Steven Wooは3枚目の伏せをおいてターンエンド

Joaquin Bigorniaのドローは《大くしゃみのカバザウルス》
召喚してみるが《激流葬》が発動し、《大くしゃみのカバザウルス》2枚と《セイバーザウルス》、Steven Wooの《深淵の暗殺者》が破壊された。

Steven Wooのターン、お互いの手札は5枚。
Joaquin Bigorniaの《セイバーザウルス》を《死者蘇生》するも、《奈落の落とし穴》で破壊される。
伏せを3枚に戻してターンエンド.

Joaquin Bigorniaのドローは《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《セイバーザウルス》を召喚して攻撃するも、《次元幽閉》される。.
Steven Woo「もしかしてそっちの《レスキューラビット》って死んだ?(“So your 《レスキューラビット》s are dead now?”)」
Joaquin Bigornia「問題ないさ(“It's all good!”)
だってデッキから抜いてるからね!(“I sided them out!”)」
そんな談笑をしつつ、《聖なるバリア-ミラーフォース-》をセットしてターンエンド

Steven Wooはドローゴー

Joaquin Bigorniaのドローは《ソウルテイカー》
《フォッシル・ダイナ パキケファロ》を召喚、攻撃にはやっぱり《次元幽閉》!
Steven Woo「なにこの鏡打ち(“We had the same exact cards,”)」
Steven Woo「先行のそっちが超有利じゃん(“At least you had your first turn advantage.”)」

Steven Wooは伏せを3枚にしてターンエンド

Joaquin Bigorniaのドローは《激流葬》
セットしてターンエンド、その手札には《魔界発現世行きデスガイド》《ソウルテイカー》がある

Steven Wooは《セイバーザウルス》を召喚してダイレクトアタック!
これが始めて通り、ターンエンド
Joaquin Bigornia8000→6100

Joaquin Bigorniaのドローは《大くしゃみのカバザウルス》
まずは召喚し、それから《セイバーザウルス》を《ソウルテイカー》で破壊する。
《大くしゃみのカバザウルス》のダイレクトアタックも通り、ターンエンド
Steven Woo8000→9000→7300

Steven Wooは《レスキューラビット》を召喚、その効果で《大くしゃみのカバザウルス》を特殊召喚する。
その瞬間をJoaquin Bigorniaは《激流葬》を発動すると、Steven Wooは《スターライト・ロード》で応えた。
《スターダスト・ドラゴン》!
Joaquin Bigorniaは《つり天井》を発動し、《スターダスト・ドラゴン》をリリースさせる。
2頭の《大くしゃみのカバザウルス》で《エヴォルカイザー・ラギア》を作って《大くしゃみのカバザウルス》に攻撃。
《聖なるバリア-ミラーフォース-》は《エヴォルカイザー・ラギア》の効果で無効にした
Joaquin Bigornia6100→5400

Joaquin Bigorniaのドローは《サイクロン》
Joaquin Bigornia「大胆不適に、さもなくば死ぬ(“Go big or go home, right?”)」
《デモンズ・チェーン》が発動されても《サイクロン》がある、その安心を踏み台に《魔界発現世行きデスガイド》を召喚、
《魔界発現世行きデスガイド》をデッキから特殊召喚、そして《発条機雷ゼンマイン》を守備表示でエクシーズ召喚!
《サイクロン》を伏せてターンエンド

Steven Wooはそのままターンエンド

Joaquin Bigorniaのドローは《ブラック・ホール》
ターンエンド

Steven Wooは伏せを3枚に戻すだけでターンエンド

Joaquin Bigorniaのドローは《サイクロン》
伏せてターンエンド

Steven Wooは4枚目のバックを敷いてターンエンド

Joaquin Bigorniaのドローは《魂を削る死霊》
《ブラック・ホール》を発動、Steven Wooは《禁じられた聖槍》で《エヴォルカイザー・ラギア》を守る。
しかしエンドフェイズ(原文ではメインフェイズ2)に、《発条機雷ゼンマイン》によって《エヴォルカイザー・ラギア》は破壊された

Steven Wooは《魔界発現世行きデスガイド》を召喚、デッキからもう1枚呼んで《太鼓魔人テンテンテンポ》をエクシーズ召喚!
その効果と攻撃をあわせて《発条機雷ゼンマイン》を破壊し、ターンエンド

Joaquin Bigorniaのドローは《スターライト・ロード》
《魂を削る死霊》と一緒に伏せてターンエンド

Steven Wooは《太鼓魔人テンテンテンポ》で《魂を削る死霊》をつついてターンエンド

Joaquin Bigorniaのドローは《レスキューラビット》
とりあえずセットしてターンエンド.

Steven Wooは《魂を削る死霊》を《禁じられた聖槍》で処理し、《太鼓魔人テンテンテンポ》で《レスキューラビット》を攻撃してターンエンド

Joaquin Bigorniaのドローは再び《レスキューラビット》
セットするしかなく、ターンエンド

Steven Wooは《太鼓魔人テンテンテンポ》で攻撃してターンエンド

Joaquin Bigorniaのドローは《セイバーザウルス》、何もせずターンエンド

Steven Wooは《太鼓魔人テンテンテンポ》でダイレクトアタック!
Joaquin Bigornia5400→3200

Joaquin Bigorniaのドローは《スノーマンイーター》セットしてターンエンド

Steven Wooは《禁じられた聖杯》とあわせて攻撃。

Joaquin Bigorniaは伏せを4枚にするしかできない。.

Steven Wooは《大嵐》を発動
Joaquin Bigorniaは《スターライト・ロード》を合わせるが、《神の警告》されたのを確認して降参した
Joaquin Bigornia 2-0 Steven Woo
  1. 2013/04/15(月) 15:24:11|
  2. 記事翻訳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<翻訳記事-YCS San Diego-DAY2-Round 2 Constructed Feature Match | ホーム | 翻訳記事-YCS San Diego-DAY2-Round 1 Constructed>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjstjs.blog67.fc2.com/tb.php/55-2e98c438
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)