(廃刊)遊戯王 翻訳の手引き

アクセス解析 フリー検索 登録検索エンジン上位表示SEO対策
 (トータルアクセス(ユニークが10876の段階で設置しました))
    (ユニークアクセス)

YCS-Minneapolis 2016 Round 2 Feature Match Michael State vs. Matthew Wright

原文 Round 2 Feature Match: Michael State vs. Matthew Wright
ライター: Robert Boyajian

Michael State:【50枚構築・命削りバージェストマ】
Matthew Wright:【命削りクリフォート】


1戦目
Matthew Wright《強欲で謙虚な壺》を発動して《命削りの宝札》を手札に加え、それから妥協召喚した《クリフォート・アーカイブ》《機殻の生贄》を装備させる。
それから《王家の眠る谷-ネクロバレー》を発動し、カードを1枚セットしてから《命削りの宝札》を発動!
カードを3枚引くと、1枚セット、それから《クリフォート・エイリアス》(1)をセットし、エンドフェイズに《クリフォート・エイリアス》を手札から捨ててターンエンド。


Michael Stateの手札は《月鏡の盾》《バージェストマ・ピカイア》《神の警告》《砂塵のバリア -ダスト・フォース-》《八汰烏の骸》
《バージェストマ・ピカイア》《神の警告》《砂塵のバリア -ダスト・フォース-》《八汰烏の骸》をセットして、ターンエンド


Matthew Wrightはいきなりバトルフェイズに入り、《クリフォート・アーカイブ》でダイレクトアタック!
メインフェイズ2に2度目の《命削りの宝札》で再び3枚ドロー!
《機殻の生贄》の効果と合わせて《クリフォート・アーカイブ》をリリースして《クリフォート・エイリアス》をアドバンス召喚!
※1
しかしそれは《神の警告》によって無効化されてしまうと、墓地に送られた《機殻の生贄》の効果を発動し、デッキから《クリフォート・ツール》を手札に加える。
《クリフォート・ツール》(9)をセットすると、ライフ800を支払って《隠されし機殻》をサーチ。
それからカードを1枚セットし、残りの手札もセットしてターンエンド
Matthew Wright:8000→7200
Michael State:8000→5600→3600


Michael Stateはセットしていた《バージェストマ・ピカイア》を発動し、《バージェストマ・ハルキゲニア》を捨てて2枚ドロー。
さらに《八汰烏の骸》を発動してもう1枚ドローをすると、墓地から《バージェストマ・ピカイア》を1200/0のレベル2・水属性・水族モンスターとして特殊召喚しようとする。
しかしMatthew Wright《虚無空間》でそれを阻止するものの、代わりにMichael State《虚無空間》に対応して《バージェストマ・ハルキゲニア》を墓地から特殊召喚。
さらに《月鏡の盾》を装備させてダイレクトアタック!
メインフェイズ2に《和睦の使者》《強欲な瓶》をセットして、ターンエンド
Matthew Wright:7200→6000


Matthew Wright《クリフォート・ツール》(9)の効果を発動し、デッキから《クリフォート・ゲノム》
《クリフォート・ゲノム》を妥協召喚し、しばらく考えてターンエンド
Matthew Wright:6000→5200


Michael Stateのドローは《命削りの宝札》
《バージェストマ・ハルキゲニア》《クリフォート・ゲノム》を攻撃。
メインフェイズ2に《強欲な瓶》《バージェストマ・オレノイデス》を引くと、そのままセットしてターンエンド
Matthew Wright:5200→5100


Matthew Wrightは再び《クリフォート・ツール》(9)の効果を発動して、するとMichael State《バージェストマ・オレノイデス》を発動して破壊されてしまう。
ならばと《隠されし機殻》を発動し、エクストラデッキから《クリフォート・ツール》《クリフォート・アーカイブ》《クリフォート・ゲノム》を手札に回収しつつ、《虚無空間》を破壊する。
《クリフォート・ツール》(9)をセットし直して、そのペンデュラム効果で 《クリフォート・シェル》をサーチ。
それから《クリフォート・ゲノム》をペンデュラム召喚するが、《神の通告》によって無効化されてしまう。
《クリフォート・アーカイブ》を通常召喚すると、そのエンドフェイズにMichael State《和睦の使者》を発動し、墓地から《バージェストマ・オレノイデス》を特殊召喚する。
Matthew Wright:5100→4300→3500
Michael State:3600→2100


Michael Stateのドローは《豪雨の結界像》
まずは《バージェストマ・ハルキゲニア》《クリフォート・アーカイブ》を攻撃、《月鏡の盾》の効果で攻撃力を100だけ上回る。
それから《バージェストマ・オレノイデス》でダイレクトアタック!
メインフェイズ2に《豪雨の結界像》をセットしてから《命削りの宝札》を発動。
《強欲で謙虚な壺》《強欲な瓶》《底なし落とし穴》をドローし、そのまま《強欲で謙虚な壺》を発動して《バージェストマ・オレノイデス》を手札に加える。
《バージェストマ・オレノイデス》《底なし落とし穴》をセットし、エンドフェイズに《強欲な瓶》を捨ててターンエンド
Matthew Wright:3500→3400→2200


Matthew Wright《クリフォート・アセンブラ》《クリフォート・アーカイブ》をペンデュラム召喚、それから2体をリリースして《クリフォート・シェル》をアドバンス召喚。
しかし《底なし落とし穴》によってセット状態にされてしまい、カードを1枚セットしてターンエンド


Michael Stateのドローは《砂塵のバリア -ダスト・フォース-》
《バージェストマ・ハルキゲニア》《クリフォート・シェル》を攻撃し、それから《バージェストマ・オレノイデス》をダイレクトアタックを決め、ターンエンド
Matthew Wright:2200→1000


Matthew Wrightは「クリフォート」モンスター達をペンデュラム召喚するが、《砂塵のバリア -ダスト・フォース-》により、裏側守備にされてしまった。


Michael Stateのドローは《湿地草原》
《湿地草原》を発動すると、「バージェストマ」モンスターの攻撃力は一挙に倍の2400まで跳ね上がる。
《バージェストマ・ハルキゲニア》《バージェストマ・オレノイデス》で裏側守備表示の《クリフォート・アーカイブ》《クリフォート・エイリアス》を戦闘破壊し、ターンエンド


Matthew Wrightはセット状態の《クリフォート・アセンブラ》をリリースして《クリフォート・アーカイブ》をアドバンス召喚。
さらに《激流葬》を発動してフィールドのモンスターを一掃する。
それから《クリフォート・アーカイブ》2体と《クリフォート・アセンブラ》《クリフォート・シェル》をペンデュラム召喚!
そして《クリフォート・アセンブラ》でダイレクトアタックを宣言するが、再び《砂塵のバリア -ダスト・フォース-》によってセットされてしまい、さらに《バージェストマ・ピカイア》が墓地から特殊召喚される。


Michael Stateそしてはトップデッキした《サンダー・ボルト》を叩きつけると、Matthew Wrightはフィールドを片づけることしかできなかった。
Michael State 1-0 Matthew Wright


2戦目
Matthew Wright《強欲で謙虚な壺》を発動し、3枚の中から見つけてきた《召喚師のスキル》を発動して《クリフォート・ツール》をサーチ。
《クリフォート・ツール》(9)をセットし、その効果で《機殻の生贄》を手札に加える。
そして妥協召喚した《クリフォート・ゲノム》《機殻の生贄》を装備させ、カードを2枚セットしてターンエンド
Matthew Wright:8000→7200


Michael Stateの手札は《強欲で謙虚な壺》《ペンデュラム・ストーム》《八汰烏の骸》《バージェストマ・ハルキゲニア》《バージェストマ・オレノイデス》
まずは《強欲で謙虚な壺》《強欲で貪欲な壺》を手札に加え、《砂塵のバリア -ダスト・フォース-》2枚をデッキに残す。
《強欲で貪欲な壺》を発動して《命削りの宝札》《神の警告》をドロー。
※2-1
そして《ペンデュラム・ストーム》を発動すると、Matthew Wright《魔宮の賄賂》を発動してその効果を無効化されてしまう。
しかしその代わりに引いてきた《湿地草原》を発動し、《八汰烏の骸》《バージェストマ・オレノイデス》《神の通告》をセット。
※2-2
《バージェストマ・ハルキゲニア》を残して《命削りの宝札》を発動すると、《神の警告》《底なし落とし穴》をドローし、その2枚もセットし、《バージェストマ・ハルキゲニア》を捨ててターンエンド。
※2-3


Matthew Wright《クリフォート・ゲノム》をリリースして《クリフォート・エイリアス》をアドバンス召喚。
しかし《神の警告》によって無効化されてしまうが、墓地に送られた《機殻の生贄》とリリースされた《クリフォート・ゲノム》の効果が発動。
それに合わせてMichael State《八汰烏の骸》を発動し、それから《バージェストマ・ハルキゲニア》を墓地から特殊召喚しようとする。
しかしMatthew Wright《虚無空間》で阻止するものの、《虚無空間》《バージェストマ・オレノイデス》によって破壊されてしまった。
その後、《バージェストマ・ハルキゲニア》が蘇り、《機殻の生贄》《クリフォート・アーカイブ》を手札に加える。

《クリフォート・ツール》(9)の効果で《クリフォート・ゲノム》を手札に加え、《クリフォート・ゲノム》をペンデュラム召喚してみようとするが、今度は《神の通告》で無効化されてしまう。
エンドフェイズ、Michael State《八汰烏の骸》を発動、さらに墓地から《バージェストマ・オレノイデス》を特殊召喚し、1枚ドローする。
Michael State:8000→6000→4500
Matthew Wright:7200→6400


Michael Stateの手札は《強欲な瓶》《強欲で貪欲な壺》《命削りの宝札》
まずは《バージェストマ・ハルキゲニア》《バージェストマ・オレノイデス》でダイレクトアタック!
メインフェイズ2に《強欲な瓶》《強欲で貪欲な壺》をセットしてから《命削りの宝札》を発動。
それから《強欲で貪欲な壺》を発動し、《ペンデュラム・ストーム》を発動し、Matthew Wrightのスケール2枚とセットカードを除外する。
それから3枚セットし、ターンエンド
Matthew Wright:6400→5200→4000


Matthew Wright《クリフォート・ゲノム》を召喚し、ターンエンド。
※3
そのエンドフェイズ、Michael State《強欲な瓶》を発動して1枚ドローする。


Michael Stateはまたも《サンダー・ボルト》を叩きつけ、勝利を手にした。
Michael State 2-0 Matthew Wright


※1
He activated Card of Demise in Main Phase 2, then tried to tribute Helix Carrier for Qliphort Stealth; but State stopped it with Solemn Warning.
突然《クリフォート・ゲノム》が現れ、リリースされている。

※2-1
then used it to banish the top ten cards of his Deck and draw Card of Demise and Solemn Warning.
※2-2
and activated Card of Demise to draw Solemn Warning and Floodgate Trap Hole.
制限カードのはずの《神の警告》を2枚ドローしている。
※2-3.
セットした描写はなく、そのまま次ターンに移行している。

※3
Wright drew and Pendulum Summoned Qliphort Helix.
《ペンデュラム・ストーム》にスケールを破壊されているのに、ペンデュラム召喚していることになっている。

  1. 2016/10/20(木) 09:15:33|
  2. 記事翻訳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<YCS-Minneapolis 2016 Round 3 Feature Match Aaron Furman vs. James Mahon | ホーム | YCS-Minneapolis 2016 Round 1 Feature Match Jeffrey Jones vs. Brenden Beckmann>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjstjs.blog67.fc2.com/tb.php/573-599eee2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)