(廃刊)遊戯王 翻訳の手引き

アクセス解析 フリー検索 登録検索エンジン上位表示SEO対策
 (トータルアクセス(ユニークが10876の段階で設置しました))
    (ユニークアクセス)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

翻訳記事-YCS San Diego-DAY2-Round 4 Constructed Feature Match

原文 Round 4 Constructed Feature Match: Billy Brake Versus Oran Mesica
ライター Konami Digital Entertainment

ここまで無敗で勝ち進んできた2人のデュエリスト。
Two more Rounds of Swiss competition remain in this tournament,
1人はだれもが知るBilly Brake、過去にはYCSを連覇してしまったほどの実力者だ。
and both of these Duelists are undefeated!
彼が使うデッキはYCS Miamiにてベスト4へと導いた海皇型水精鱗の最新型だ。
Billy Brake has won two YCS tournaments in his Dueling career,while Oran Mesica is going for his first here this weekend.
一方のOran Mesicaが使うのは《マクロコスモス》入りラビットラギアだ。
While Brake is running the Atlantean Mermail Deck he innovated himself at YCS Miami,
メインから搭載されている《マクロコスモス》は水精鱗に対する1つの解答であり、
Mesica is playing Dino Rabbit with Macro Cosmos,one of the Mermail strategy’s Achilles’ heels.
そんな相性差をBilly Brakeは覆せるのか!?
This could be a tough one for Brake.

1戦目
Billy Brakeの手札は《エフェクト・ヴェーラー》《貪欲な壺》《大嵐》《水精鱗-アビスリンデ》《アビスコール》《海皇の竜騎隊》
《水精鱗-アビスリンデ》をセットしてターンエンド

Oran Mesicaはモンスターをセット、そして4枚を伏せてターンエンド!

Billy Brakeのドローは《水精鱗-ディニクアビス》、ここでOran Mesicaは《マクロコスモス》を発動!
Billy Brake「ここだけの話、これって最悪なパターンだぜ?(“This is a worst-case scenario, almost,”)
Billy Brake「もしかしてスタロある?(“Road?”)」
などと言いながら《大嵐》を発動すると、Oran Mesicaはうなずきながら《スターライト・ロード》を発動し、《スターダスト・ドラゴン》を特殊召喚する
《海皇の竜騎隊》を召喚してセットされていた《大くしゃみのカバザウルス》を攻撃
メインフェイズ2に2枚を伏せてターンエンド

Oran Mesicaは《スターダスト・ドラゴン》でセットされていた《水精鱗-アビスリンデ》を攻撃してターンエンド

Billy Brakeのドローは《サイクロン》!
《マクロコスモス》を破壊してみるが、Oran Mesicaは2枚目を発動する。
Billy Brakeは《エフェクト・ヴェーラー》を召喚し、《海皇の竜騎隊》を《A・O・J カタストル》にしてターンエンド

Oran Mesicaは《大くしゃみのカバザウルス》を召喚
《スターダスト・ドラゴン》が《A・O・J カタストル》と相打ち、《大くしゃみのカバザウルス》のダイレクトアタックが通った!
Billy Brake8000→6300

Billy Brakeのドローは《水精鱗-リードアビス》
何もできずターンエンド

Oran Mesicaは《ジュラック・グアイバ》を召喚
2体でダイレクトアタックをしたのち、《エヴォルカイザー・ラギア》をエクシーズ召喚!
Billy Brake6300→4600→2900

Billy Brakeはドローが《水精鱗-アビスパイク》であることを確認すると、次の試合へと促した。

2戦目
Billy Brakeの手札は《水精鱗-ディニクアビス》《アビスフィアー》《大嵐》《人造人間-サイコ・ショッカー》と2枚の《海皇の狙撃兵》
《アビスフィアー》を伏せてターンエンド

Oran Mesicaは《ナイト・ショット》で《アビスフィアー》を破壊
《閃光の追放者》を召喚してダイレクトアタック!
メインフェイズ2に2枚を伏せてターンエンド
Billy Brake8000→6400

Billy Brakeのドローは《エネミーコントローラー》
《大嵐》で《デモンズ・チェーン》《マインドクラッシュ》を吹き飛ばしてから《海皇の狙撃兵》を召喚!
《海皇の狙撃兵》が《エネミーコントローラー》で《閃光の追放者》を守備表示にして戦闘破壊に成功。
《海皇の狙撃兵》を捨てて《水精鱗-ディニクアビス》を特殊召喚し、《水精鱗-アビスリンデ》をサーチしてターンエンド.

Oran Mesicaは《カードカー・D》を召喚してその効果で2枚ドローしてターンエンド

Billy Brakeのドローは《死者蘇生》
《死者蘇生》で《海皇の狙撃兵》を蘇生、それから《水精鱗-ディニクアビス》と《海皇の狙撃兵》2体、
そして《海皇の狙撃兵》達に呼ばれた《海皇の竜騎隊》2隊でのダイレクトアタック全てが通り、Oran Mesicaのライフを一瞬で0にした!
Oran Mesica6400→4700→3300→1900→100→-1700
Oran Mesica 1-1

この対戦は非常に重要な1戦である。
This Match would proceed to one more Duel!
なぜならこの勝負に勝った方は自動的に決勝ラウンド、ベスト32へと駒を進むこととなるが
A win here would guarantee the victor a spot in the Top 32,
負けた方はこの次の試合で勝たなければ進めるかどうかは進めるかは運次第となってしまう。
but the loser would have to scrabble for a win in the next Round just to have a shot.
ゆえにどうしても譲れない試合、
Neither competitor wanted to be in that position,
先行とデッキの相性差からOran Mesicaが有利であるが……
and Mesica would have the advantage of a possible Rabbit set-up before Brake could make a move.

最終戦
Oran Mesicaは3枚伏せてターンエンド

Billy Brakeの手札は《水精鱗-アビスパイク》《海皇の竜騎隊》《サイクロン》《砂塵の大竜巻》《ブラック・ホール》《クロス・ソウル》
Oran Mesicaは《マクロコスモス》を発動!

《サイクロン》《砂塵の大竜巻》《クロス・ソウル》を伏せてターンエンド

Oran Mesicaは《セイバーザウルス》を召喚してダイレクトアタック!
Billy Brake8000→6100

Billy Brakeのドローは《深海のディーヴァ》
《砂塵の大竜巻》で《マクロコスモス》を狙うとOran Mesicaは2枚目を発動。
それもBilly Brakeの《サイクロン》が破壊すると、《水精鱗-アビスパイク》を召喚。
《海皇の竜騎隊》を捨てて《水精鱗-メガロアビス》《海皇の狙撃兵》をサーチする。
さらに《海皇の狙撃兵》《深海のディーヴァ》を捨てて《水精鱗-メガロアビス》を特殊召喚すると、Oran Mesicaが《デモンズ・チェーン》でソレを縛りあげる!
Billy Brake「ぐぬぬ(“Euhhh… Go ahead.”)」

Oran Mesicaは《ジュラック・グアイバ》を召喚して《水精鱗-アビスパイク》に攻撃、その効果デッキから《ジュラック・グアイバ》を呼ぶと、
メインフェイズ2に 《セイバーザウルス》と《ジュラック・グアイバ》で《エヴォルカイザー・ドルカ》をエクシーズ召喚!
それから1枚セットしてターンエンド
Billy Brake6100→6000

Billy Brakeのドローは《エネミーコントローラー》、他の手札は《ブラック・ホール》
フィールドには縛られている《水精鱗-メガロアビス》と《クロス・ソウル》
《エネミーコントローラー》を伏せてターンを終了するが、エンドフェイズの《サイクロン》で奪われてしまう

Oran Mesicaのドローは《禁じられた聖槍》
《禁じられた聖槍》が打ち込まれた《水精鱗-メガロアビス》を《ジュラック・グアイバ》が破壊し、デッキから3頭目の《ジュラック・グアイバ》を呼ぶ。
そして《エヴォルカイザー・ドルカ》でダイレクトアタックも通り、メインフェイズ2に《ジュラック・グアイバ》たちが《エヴォルカイザー・ラギア》へと姿を変える。
Billy Brake6000→5900→3600

Billy Brakeのドローは《アビスフィアー》
《ブラック・ホール》は当然《エヴォルカイザー・ラギア》によって防がれてしまい、《アビスフィアー》を伏せてターンエンド

Oran Mesicaは《エヴォルカイザー・ドルカ》でダイレクトアタック
《アビスフィアー》でBilly Brake《水精鱗-メガロアビス》をフィールドに呼ぶと、Oran Mesicaはバトルフェイズを終了する
メインフェイズ2に1枚セットしてターンエンド


Billy Brakeは次のドローが《水精鱗-ディニクアビス》であることを公開し、手を差し出した
Oran Mesica 2-1 Billy Brake
  1. 2013/04/17(水) 08:41:26|
  2. 記事翻訳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<翻訳記事-YCS San Diego-DAY2-Round 4 Constructed Feature Match | ホーム | 翻訳記事-YCS San Diego-DAY2-Round 3 Constructed Feature Match>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjstjs.blog67.fc2.com/tb.php/59-3a68276a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。