(廃刊)遊戯王 翻訳の手引き

アクセス解析 フリー検索 登録検索エンジン上位表示SEO対策
 (トータルアクセス(ユニークが10876の段階で設置しました))
    (ユニークアクセス)

【実験記事】Central America WCQ2017 Top 32 Feature Match Marco Antonio Islas Tinagero vs. Pedro Benhumea Saltoー簡易盤

原文 Top 32 Feature Match: Marco Antonio Islas Tinagero vs. Pedro Benhumea Salto
ライター: Michael Kohanim

Marco Antonio Islas Tinagero Tinagero:【ABC】
Pedro Benhumea Salto:【十二獣】

これはこちらの文を簡略化した実験記事です。



1戦目
Islas《ユニオン格納庫》《B-バスター・ドレイク》を手札に加え、モンスターをセットする静かな立ち上がりを見せる。

するとBenhumea《十二獣モルモラット》の召喚から《十二獣ドランシア》《十二獣モルモラット》2体と展開しつつ、手札に《十二獣ヴァイパー》加える。
《十二獣モルモラット》2体で《ダイガスタ・エメラル》をエクシーズ召喚し、効果で1枚ドロー。

手札から《十二獣ヴァイパー》《十二獣ドランシア》の素材に加えてからセットモンスターを攻撃すると、姿を現したのは《フォッシル・ダイナ パキケファロ》
しかし《禁じられた聖杯》との合わせ技で対応し、《ダイガスタ・エメラル》でダイレクトアタックを決める!

メインフェイズ2《十二獣ドランシア》の効果で《ユニオン格納庫》を破壊しておき、それからカードを1枚伏せてターンエンド
Islas:8000→6200

Islasのドローは《ブラック・ホール》
モンスターのセットしてから《ブラック・ホール》を発動!
しかしそのあからさまな動きは《我が身を盾に》で止められてしまい、それ以上は何もできずにターンを返す。
Benhumea:8000→6500

Benhumea《ダイガスタ・エメラル》の効果を発動し、《十二獣モルモラット》《十二獣ワイルドボウ》《十二獣ブルホーン》をデッキに戻して1枚ドロー。
《炎舞-「天キ」》で探してきた《十二獣モルモラット》の召喚から、《十二獣ドランシア》《十二獣モルモラット》2体を盤面に並べ、手札に《十二獣ヴァイパー》を加える。

《十二獣モルモラット》2体で《深淵に潜む者》をエクシーズ召喚して墓地を封じると、《十二獣ドランシア》でセットモンスターを攻撃!
700の反射ダメージを受けてしまうが、《C-クラッシュ・ワイバーン》を安全に処理し、《ダイガスタ・エメラル》《深淵に潜む者》でダイレクトアタック!
Benhumea:6500→5800
Islas:6200→4400→2700

Islasは次のドローを確認し、そこに解答はなかった。


2戦目
Islasの手札は《フォッシル・ダイナ パキケファロ》《ライオウ》《月の書》《命削りの宝札》《砂塵のバリア -ダスト・フォース-》と、まずまずな手札。

《フォッシル・ダイナ パキケファロ》を召喚、それから《月の書》《砂塵のバリア -ダスト・フォース-》をセットして手札を減らし、《命削りの宝札》を発動するが引いてきたのは《A-アサルト・コア》《B-バスター・ドレイク》とモンスターカード。
これ以上の召喚はできないためそのまま捨て、ターンを返す

Benhumea《ブラック・ホール》《フォッシル・ダイナ パキケファロ》を退かしてから《十二獣ラム》を召喚。
《十二獣ラム》《十二獣ハマーコング》《十二獣ブルホーン》を重ねたところで《月の書》でそれ以上の展開を阻害されてしまう。
カードを2枚伏せて、ターンエンド

Islasはドローしてきた《ユニオン格納庫》を発動!
ここで《C-クラッシュ・ワイバーン》を探してくれば《ABC-ドラゴン・バスター》につなげられたのだが、《コズミック・サイクロン》で妨害されてしまい、そのままを返す
Benhumea:8000→7000

Benhumeaは反転召喚した《十二獣ブルホーン》の効果で探してきた《十二獣モルモラット》を召喚。
《十二獣ブルホーン》には《十二獣ライカ》を、《十二獣モルモラット》《十二獣ワイルドボウ》《十二獣ブルホーン》《十二獣ドランシア》を重ね、さらに《十二獣モルモラット》2体を横に並べ、デッキから《十二獣サラブレード》を手札に加える。

《十二獣モルモラット》2体で《ダイガスタ・エメラル》を作ると、その効果で1枚ドロー。

《十二獣ライカ》には《十二獣タイグリス》を重ね、その効果で墓地の《十二獣ラム》《十二獣ドランシア》の素材に加える。
そして《ダイガスタ・エメラル》でダイレクトアタックをし、カードを1枚伏せる。
Islas:8000→6200

Islasはドローしたカードをそのままセットして、ターンエンド

Benhumea《十二獣タイグリス》《十二獣ブルホーン》を重ね、《十二獣ヴァイパー》をサーチ。
それから《ダイガスタ・エメラル》の効果で《十二獣ブルホーン》《十二獣ワイルドボウ》《十二獣モルモラット》をデッキに戻して1枚ドロー。

《炎舞-「天キ」》を発動すると、《王宮の勅命》が発動されるが、《十二獣ドランシア》の効果で対処する。
その後、手札に加えた《十二獣ラム》は、直後に召喚した《十二獣サラブレード》でドローに置き換える。

バトルフェイズに入り、攻撃を宣言すると《砂塵のバリア -ダスト・フォース-》が発動され、3体のモンスターがセットされてしまう。

Islasはセットカードを置いて、ターンエンド

Benhumea《十二獣サラブレード》を召喚し、手札を入れ替える。
《十二獣サラブレード》でライフを削り、それから《炎舞-「天キ」》《十二獣モルモラット》を手札に加えてターンエンド
Islas:6200→4500

Islasは3ターン連続でカードをセットするだけしかできない。

Benhumeaは再び《十二獣サラブレード》でダイレクトアタックをし、カードを1枚伏せる。
Islas:4500→2800

Islasは引いてきた《砂塵のバリア -ダスト・フォース-》をセットし、ターンを返す

Benhumeaはここでセットモンスター2体をリリースして《海亀壊獣ガメシエル》をアドバンス召喚し、勝負を決めに行く!
しかしその強気は裏目に出て、《砂塵のバリア -ダスト・フォース-》をよって再び場が膠着する。
せめてフィールドを開けておこうと、《十二獣ドランシア》《十二獣サラブレード》を破壊をしておこうとするが、《ブレイクスルー・スキル》で止められてしまった。

だが、Islasも攻めるためのカードが引けず、ただカードをセットするしかない。

ここでBenhumeaは再び《海亀壊獣ガメシエル》を引き当てると、一度ならず二度までもアドバンス召喚によって戦場に現れる。
そしてダイレクトアタックが決まり、勝利へ王手をかける!
Islas:2800→600

Islasは引いてきたカードを祈るようにセットするが、それは《海亀壊獣ガメシエル》を阻むことはできなかった。
Islas:600→-1600



  1. 2017/07/07(金) 09:24:34|
  2. 記事翻訳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Central America WCQ2017 Top 16 Feature Match Gerardo Sotomayor Meza vs. Angel Fernando Ovalle Rivera | ホーム | Central America WCQ2017 Top 32 Feature Match Marco Antonio Islas Tinagero vs. Pedro Benhumea Salto>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjstjs.blog67.fc2.com/tb.php/633-742e9138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)