(廃刊)遊戯王 翻訳の手引き

アクセス解析 フリー検索 登録検索エンジン上位表示SEO対策
 (トータルアクセス(ユニークが10876の段階で設置しました))
    (ユニークアクセス)

【MTG】ULTIMATE MASTERS DRAFT PRIMER

原文:ULTIMATE MASTERS DRAFT PRIMER
ライター:Marshall Sutcliffe


白は見てわかるけど、テーロスの「英雄的」と「オーラ」がメインだ。
1体の英雄的クリーチャーにオーラを重ねまくって化け物を作ったりすることを「巡洋戦艦(battlecruiser)」なんて呼んだりしたのも今となっては懐かしい。

Wingsteed Riderはオーラするごとにでかくなるし、Skyspear Cavalryに至っては二段攻撃のおかげで倍の破壊力だ、しかも飛行持ちで好相性なうえにコモンだ。
まー、一点豪華主義ってのは非常に単純明快かつ強力だが、「割れやすい卵を同じ容器にいれる」って諺があるように危険な賭けってのは理解しておけよ。

ちなみに俺的ソリューションは「陰影」シリーズだな。
「ハイエナの陰影」「マンモスの陰影」なんて強化と戦闘補助を与えながら、「族霊鎧」で更に死ににくくしてくれるんだ!

その戦略を支持するように、「ヘリオッドの巡礼者」「蓮眼の神秘家」を始めとする、白にはオーラを探してくるカードが用意されてる。


青は「墓地を肥やす」「手札を入れ替える」「墓地の回収」なんてのが基本的な動きだ。特に「墓地肥やし」が最重要、テストに出るからな。す。

「Deranged Assistant」「Dreamscape Artist」「Skywing Aven」「Sultai Skullkeeper」
こいつらは墓地を肥やしてくれるが、「発掘」を落とせばサーチになるし、「フラッシュバック」を落とせばアドだし、「探査」カードがアホみたいに使いやすくしてくれるんだ。

「Archaeomancer」「Marang River Prowler」「Stitched Drake」「Treasure Cruise」
(ウェーイ、クルーズヒャッハー/Yes, that's Treasure Cruise! Yay!)
まー、青は相変わらず頭がおかしいってこった。どうせなら墓地を利用する色と組み合わせて使えよ、白とか黒とかな!


1つのゾーンから別のゾーンにカードを移動する場合、青はすべてのツールを自由に使用できます。私はそれを強力な墓地の相乗効果を持つ色と組み合わせることも考えています。

黒は・・・知ってると思うが墓地利用だ。
ナチュラルに墓地を肥やすカードもいるが、それ以上に「発掘」のせいで、ガリガリ墓地にカードが増えていく。
それをどう利用するか、が問題なわけだが・・・

「Golgari Thug」「Crow of Dark Tidings」「Grave Strength」「Olivia's Dragoon」

「発掘」カードの問題点はそれを如何にして墓地に落とすか、だ。
特に「Olivia's Dragoon」みたいな共鳴者は「マッドネス」としての役割を持たせることができる。
黒単が組めれば最高だし、他の色と組み合わせてもマジイケてる

「Moan of the Unhallowed」「Death Denied」「Ghoulsteed」「Unburial Rites」「Reanimate」
「フラッシュバック」を持つカードは墓地にいても意味があるし、「グール馬」みたいに自己組成するクリーチャーは実質「フラッシュバック」持ちと数えてもいいだろう。
それと「釣竿」も各種用意してあるから、リアニ戦術も検討してくれよな。

赤は今も昔も焼いて殴るだけの簡単なテーマで、UMAでもそれは変わらん。
むしろ「英雄的」がコモンにいるせいで、もしかしたら通常より早いかもしれん。
ただ、白の「英雄的」能力は継続するものが多いが、赤のそれは1ターン限りの使い捨てがほとんどだ。


「Akroan Crusader」「Arena Athlete」「Reckless Charge」「Soul's Fire」「Undying Rage」
みてくれよ、こいつら全員コモンなんだぜ?しかも相手のライフを0にすることにばかり特化してやがる。
「マッドネス」も赤にはあるが、問題は捨てる方法だ。

「Faithless Looting」「Mad Prophet」「Sparkspitter」
その手段としてこいつらは非常に良い選択肢だ。
手札交換にトークン生成、燃やすことしかない赤にとっては必要不可欠なトリックになるだろう。

「Fiery Temper」「Reckless Wurm」「Malevolent Whispers」
赤のマッドネスはこんな感じに非常に攻撃的だが、しかし重要なのはマッドネスやフラッシュバックなんかを駆使して、相手の動きに用心することだ。

緑ってさ、墓地利用の色なんだよね、しかも中心色といっても過言じゃない。
いやまぁ「デカブツ」と「コンバットトリック」もあるんだけど、でもよく見てみようぜ?


「Boneyard Wurm」「Become Immense」「Brawn」「Eternal Witness」「Golgari Brownscale」「Groundskeeper」「Hooting Mandrills」
私だけになった時間がポイントになったような感じの前に。緑は墓地を気にする!

「発掘」のメインカラーでもあるから、墓地にめちゃくそカードを落とせる。
そのためにもまず「発掘」カードを墓地に落とす必要がある。

「Satyr Wayfinder」
その役割を担うカードの中でも、こいつは最優秀な1枚だと俺は信じてる。
なんせ土地を手にして色事故を防ぐと同時に、墓地にカードを送れるんだからな!


BIGGER PICTURE
「Ancestor's Chosen」「Archaeomancer」「Death Denied」「Anger」「Boneyard Wurm」「マッドネス」「フラッシュバック」「探査」「発掘」と墓地に関係したキーワード能力が多く収録されており、それに合わせて恩恵を受けるようなカードもたくさんいる。
から、うまく組み合わせることが重要だ。

何をとればいい?/WHAT DO I DRAFT THOUGH?
特に難しいことを考えず、3つのパターンで動けばいい

1.ビートダウンしたい
2.アドバンテージを稼ぎたい
3.コンボを狙いたい

よしそれじゃぁ、それぞれについて簡単に助言するとしよう

一番少ないだろうビートダウン信者からいこう
「白赤Heroic」
…これは非常に単純だ。白と赤の「英雄的」と戦闘支援とオーラをかき集めればいい。
んで、君のライフがなくなるより早く、相手の生物より素晴らしい英雄を作り上げれば君の勝ち。
「Arena Athlete」「Akroan Crusader」「Phalanx Leader」「Hero of Iroas」「Wingsteed Rider」
中でも「Phalanx Leader」は君のクリーチャー全体を強化してくれるし、「Hero of Iroas」はアンコモンに見えるが、元々はレアとしてのカードパワーがあることを忘れちゃいかん。

「Hyena Umbra」「Mammoth Umbra」「Undying Rage」「Conviction」「Reckless Charge」
とにかく集めるべきは、オーラとコンバットトリックだ。
「Conviction」と「Undying Rage」はその性質上、「英雄的」を2回以上誘発させることもできるから、見た目以上に重要なカードだ。
「Mammoth Umbra」を付けた生物を止めることは、まぁ難しいだろうね。

「Daybreak Coronet」
あー、本当は強いこのカードだが、何時ぞやに比べたら使いやすい環境とはいえ、ドラフトでは勧めないぞ。
それでも動き出せばゲームを終わらせうるカードパワーは確かだから、軽視しちゃあかん。

詰まる話、パーマネントを並べて、オーラをペチペチ重ねていくためのテンポが重要だ。
その重ねる対象として英雄と相性がいいのは先述の通りだが、しかしたった1枚の除去で戦線が崩壊する恐れがある、綱渡りなデッキでもあることを念頭に置いて誰にオーラを重ねるか考えよう。


次は2を飛ばして3のコンボをしたい人むけだ。

私がおすすめするのは黒赤(サクリファイス)だ。

「Furnace Celebration」
これはアンコモンのせいで集めにくいが、しかし動き始めたら相手は死ぬ。
なんせ2マナを支払うだけでショックが飛んでいく。
生物を焼いてもいいし、プレイヤーを焼いてもいい。アドバンテージの大切さがよくわかるカードだ。

「Hissing Iguanar」「Magmaw」「Garna, the Bloodflame」「Shriekmaw」「Ingot Chewer」
特に「Hissing Iguanar」はこのデッキタイプにおいて重要なカードだ。
対戦相手はこの「3/1」に貴重な除去を使うのはためらうかもしれませんが、しかし放置すればするだけ対戦相手のライフと生物は減っていき、最終的に除去すると予言しよう。

「Magmaw」はパートナーであり、フィニッシャーだ。はこのようなデッキのための強力なイネーブラーとフィニッシャーだ。
「Garna, the Bloodflame」が関係してくるともう何もかもが楽しくて仕方ない。

それからそれから「想起」は「生贄に捧げる」処理ということを忘れちゃいかん。



アドバンテージ中毒者には青黒(自分の)ライブラリー破壊(セルフミル)をお勧めしよう
セルフミルデッキは私のお気に入りだ。
まじですげーから、機会がやってみてほしい。

動きは簡単だ。自分の墓地を肥やして、それを活用するだけ。
ね、簡単でしょ。
そんな墓地肥やしは以下のカードがある

「Crow of Dark Tidings」「Deranged Assistant」「Sultai Skullkeeper」「Frantic Search」「Grave Strength」
いやー、こいつらに加えて「発掘」と「墓地利用カード」をぶち込むだけで完成だ。


「Moan of the Unhallowed」「Think Twice」「Treasure Cruise」「Gurmag Angler」
「フラッシュバック」「探査」が実質的なツートップだが、しかし墓地利用カードはそれだけじゃない。

「Unburial Rites」「Ghoulsteed」「Ghoulcaller's Accomplice」「Death Denied」「Apprentice Necromancer」「Stitched Drake」「Rise from the Tides」「Marang River ProwlerArchaeomancer」
見ろよこいつら、コモンとアンコモンなんだぜ・・・最高すぎるデッキ構築の指標だ。

最後に一つだけ。
私が好きなカードの1つ紹介しよう。

「Spider Spawning」

おかえり、我が相棒。


  1. 2018/11/28(水) 16:59:38|
  2. 記事翻訳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<A Pick Order List for Ultimate Masters | ホーム | Link Monster Vocabulary!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjstjs.blog67.fc2.com/tb.php/645-ff888e56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)